住所変換サービス(無料)

サービスの説明

無料で、住所正規化/クレンジング、住所から座標や郵便番号への変換を行うサービスです。 都道府県の省略された住所、「霞ヶ関と霞が関」や「1丁目2番地3号と1-2-3」といった表記にゆれある住所、市町村合併前の旧住所であっても変換できます。
具体的には、住所変換サービスが提供するサービスは以下の2種類に分かれます。

サービスの利用規約

ASPサービスの利用にあたっては、必ず、「NCM−ASPサイト利用規約」に同意して頂く必要があります。 サービスを利用された場合は、「NCM−ASPサイト利用規約」に全て同意して頂いたものとみなします。
※夜間及び休日の運用を休止させて頂くことがあります。

アプリケーションの開始

住所正規化を行なう

入力された住所に対して住所正規化を行います。住所正規化は、名寄せなどで利用され、コスト削減の効果が期待できます。 住所正規化の詳しい説明についてはこちらをご覧下さい。




図1 住所正規化を行なう

住所を座標に変換する

入力された住所を座標に変換します。




図2 住所を座標に変換する

住所を郵便番号に変換する

入力された住所を郵便番号に変換します。




図3 住所を郵便番号に変換する

住所変換には、住所変換エンジンeCapGCを利用しています。 住所変換のアプリケーションである住所再生工場(90,000円(税抜価格))を利用することで住所の正規化/クレンジングを行い、座標や郵便番号への変換を一括処理することも可能です。
「大量の住所を変換したい」、「住所変換の機能を製品に組み込みたい」といったご要望がありましたらお問い合わせ下さい。

Web-APIの公開

住所変換の一部機能をプログラマ向けにWeb-APIで公開しています。API説明書のeCapWebApiに記載された利用法を御理解頂いた後、早速利用してみて下さい。

 API説明書(PDF:68KB)

利用しているデータについて

住所変換サービスは、2種類のデータを利用しています。

  • 国土計画局総務課国土情報整備室が提供する街区レベル位置参照情報および大字・町丁目レベル位置参照情報
  • 郵便事業株式会社が提供する郵便番号データ

免責事項

本サイトの変換結果を利用することによって生じた損害などについては、(株)エヌ・シー・エムは一切責任を負いません。

All Rights Reserved, Copyright © NCM